わたしだけ出てコイン

更新日2016年01月25日


[わたしだけ出てコイン]

たしか、マジック館(今どうなったの?)のでの商品としてネーミングされ2000年に発売。

新城氏の考案となっている。つまり、コインメーカーとバング・リングであるが、厳密なやり方を知らないと出来ない。と言う形式。ダイナミック・コインはある程度知れ渡っている事が前提でのマジックの様な形である。

  

 左は、前回ご紹介のマジックコイン。右が今回の私だけ出てコイン。

やはり左がマジックコイン。右が私だけ出てコイン。

  

 バングリングに重ねて。

ひっくり返したところ。
ギャップのある、なしがお分かりであろうか?

興味深いところは、前回のマジックコインと同じくレギュラー2枚。ギミックが3枚分の厚さである部分。
そして、解説書では、その構造を利用して、ハーマンカウントの要領でバラバラであることを示す方法も解説されている。

ところで、もうお分かりであろうが、コインが出現したり、しなかったりの最大の秘密はバング・リングの形状である。


[付録:マジック・コイン・カプセル]
   これも、マジック館からと言う形で発売されたもの。

基本的にはボストン・ボックス。

フタを板とリングに分割すると言うアイデアが興味深い。ボストンと言うか、ジャーマンボックスと言う形状である 。ギミックを外して100円玉を入れると立派なボックスとなる。(←)
ギミックを入れた状態では、100円玉が出ると言う事は100円玉が入らないと言う事で・・・・・・・・。そこはそれスモールボックスとしてオチを作ると言うものである。


1:この写真は?

2:ニューコインメーカーA

3:ニューコインメーカーB

4:ニューコインメーカーC

5:ニューコインメーカーD

6:ニューコインメーカーE

7:マジックコイン 

8:私だけ出てコイン

9:スーパーコインPro500

10:ダブルマジックコイン    NEW


home  back